人文系の大学院留学

…を目指して断念した人のつぶやき。

データ分析特訓 with 青チャート、はじめます!

先日、ついに数学Iの青チャート(中古)が届きましたあぁ!!!もちろんGRE数学のData Interpretationの対策用です。標準偏差とか中央値とかのアレ。これが届くまでには紆余曲折があったので、この記事ではその話をします。

f:id:StudyAbroad:20200515092829j:plain



【目次】

 

「データ分析」は数学Aの範囲という思い込み

「データ分析」は数IAの範囲の中でもオマケというか影の薄い存在だったので、「インパクトがない=数学A」という謎の思い込みが発動し、数学Aの青チャートを買ってしまいました。ところが、いざ届いたものを開けてみると「データ分析」がない!で、よくよく調べてみると数学Iの範囲だったというわけです。でも、これでせっかく買った数学Aの青チャートが無駄になったわけではありません。場合の数と確率もあまり出来が良くないので、先日までその問題をたくさん解いていました。

最初に買ったものが旧課程用

「データ分析」が数学Aに入っていないことを知ったその日、すぐに数学Iの青チャートを注文しました。ところが、届いたものは見覚えのないデザインのチャート…。どうやら旧課程用のものだったようで、目次の中に「データ分析」は見当たりませんでした。この旧課程は私の一つ上の学年で終わっており、その方々はデータ分析が入試に出ていなかったんですよね…。またしても失敗。

ついにキタ!

それでも懲りずに中古の青チャートを探し続け、ついに見つけました。現行課程用の青チャート。予定がだいぶ狂ってしまいましたが、イレギュラーな予定がなくなる来週から特訓します。頑張ります。GREまであと16日!!!