人文系の大学院留学

…を目指して断念した人のつぶやき。

オフの日を作る

先日、私と同じように文系大学院留学を目指す京大生2人と飲みに行ってきました。結局3時間くらいほぼ酒なしでしゃべり続けるっていう感じだったんですけどw

で、そこで「休みの日なにしてる?」という話になりました。実をいうと、私は一瞬戸惑いました。とっさに趣味の鉄道旅行に行っていると言いましたが(これは本当)、それも定期的な休みの日というよりは、毎月のご褒美のようなものでだいたい月に1回気が向いたら行くという程度のものです。特に最近は月に1回も行けていなくて、気分も乗らずという感じでした。

思い返せば修士1年のうちに修了に必要な単位(修論以外)を取りきり、今年の2月くらいからは授業もなかったので曜日の区別がつかない生活をしていました。今日が何曜日かも認識せずに、家では集中できないからと毎日同じ時間に登校し、毎日ほぼ同じ時間まで勉強・研究をしていました。

でも、昨日の話を聞いて「オフ日」なるものを設定しようと決心しました。1週間トータルで勉強・研究に費やせる時間は減るかもしれないけど、時間が減った分集中して取り組むことが必要になります。これからは毎週日曜日はオフにして一日ぐうたらする代わりに、月曜日~土曜日はめいっぱい集中してやります。

 

記念すべき初オフ日の今日は、朝9:00に起きてごはんを食べ、急にハマり始めた編曲作業をしていました。鉄道ファン兼クラシック音楽好きなので、ピアノソロ曲を別の楽器も加えた重奏Ver. に編曲することに最近ハマっています。午後はお昼寝もしたし、Amazon Prime Videoで懐かしのドラマも見ました。こんな一日、骨折療養していた時でさえ経験しませんでした。今までの私は休むことに対して何か罪悪感のようなものを感じていたので、正直こんな一日を過ごすのはちょっと怖いです。明日、こうやって休んだことも、こういうブログを書いたことも、ものすごく後悔しそう。でも、毎日休みなしでメリハリのない生活を続けるよりは、週休1日でメリハリをつけた方がいいと言い聞かせて今日はしっかり休みます。