人文系の大学院留学

…を目指して断念した人のつぶやき。

UW-Madisonの学生用アカウントができました

University of Wisconsin - Madisonから交換留学の正式な受入通知が届いてはや2週間。大学側から続々と今後のスケジュールや履修登録の案内が届いています。そんな中、先日学生用アカウントの有効化について書かれたメールが届きました。

 

日本の大学ならどこもそうだと思いますが、所属する学生と教職員はみんな大学の名前が入った個人用メールアカウントを持たされます。私が学部を卒業した大学ではGmail、今の京大ではOffice 365のメールアカウントを使っています。京大では@st.kyoto-u.ac.jpで終わるアドレスで、UW-Madisonでは@wisc.eduを使うようです。そういえば、アメリカの大学に所属する研究者は、みんな".edu"で終わっている気がする。このメールをどのように使うかは個人の好みなので、私は個人用のメールと大学用のメールで公と私を分けていますが、私の友達には大学用のメールを全部個人用メールに転送して一つに集約している人もいます。

お客様扱い(?)の交換留学生も正規の学生と同じく、UW-Madisonの学生用アカウントを作ることになりました。京大と同じOffice 365なので設定は慣れたもんです。メールと一緒にカレンダー機能も使えるので、自分好みにカスタマイズしているところです。
 

f:id:StudyAbroad:20200416200934p:plain

さっそく8月末のオリエンテーションの予定も入れちゃいました~!

なぜか「予定表」が英語にならないのが悔しいけど、まぁいっか。あとはPCだけじゃなくてスマホのアプリでも見られるように追加登録して完了!

このメールアカウントができたことで、私名義のメールアドレスは全部で6個になりました!(笑)それぞれ用途を分けているので、6個あってもちゃんと使いこなしています。

そんなところで、今日は大学のシステム系のお話でした。