人文系の大学院留学

…を目指して断念した人のつぶやき。

なぜ日本人にとって英語の発音は難しいのか?

突然ですが、英語の発音って難しくないですか?「発音がどうであれ通じればいいや」というスタンスの人にとってはあまり関係ない話ですが、言語は正しく発音できるに越したことはないと私は思います。どうやって発音をうまくするかについては、だいぶ前に別の記事に書いたのでそちらを読んでいただくことにして、この記事ではなぜ日本人(=日本語母語話者)にとって英語の発音が難しく感じるのか、2つの言語を比べながら考えていきたいと思います。

studyabroad.hateblo.jp

studyabroad.hateblo.jp

 

 

母音の数と種類

過去の記事でもサラッとふれましたが、日本語と英語は母音の数に大きな開きがあります。日本語は標準語だとア・エ・イ・オ・ウの5個*1なのに対し、英語は数え方にもよりますが少なくとも10個以上あります。しかも厄介なことに、日本語にある5個の母音はすべて、英語には存在しない音です。下の図を見てください。

f:id:StudyAbroad:20200828195353p:plain

実はこれと似たような図は過去の記事にも出しているのですが、日本語と英語が同時に収まったものはここが初出です。台形をひっくり返したような図で、図の右側に行けば行くほど舌を奥に引っ込めて発音し、上側に行けば行くほど舌を高く上げて発音します。これを見るとわかるように、日本語と英語の母音に重なりはなく、したがって同じ発音は一つとしてありません。もちろん近いものはありますが、日本語を母語とする人が英語の母音を学ぶ時は、すべて今まで聞いたことのない音になります(逆もまた然り)。

このことをきちんと認識できている日本人の英語学習者は意外に少ないように思います。そのため、bugという語の母音の発音を覚える時に、「日本語のアみたいな感じだよ~」で済ませてしまうとそれ以上深く学習しようとは思わなくなって、結局最後まで正しい発音を知らずに来てしまいます。

単語のでき方の違い

日本人がいつまで経っても日本人らしいカタカナ英語*2から抜け出せない理由の一つに、日英語の単語のでき方の違いを認識していないことが挙げられると思います。

日本語はほとんどの語が母音で終わります。たとえば、「さかな」は sa-ka-naでアの音で終わっています。子音で終わるものは「うどん(u-do-n)」や「みかん(mi-ka-n)」のような「ん」で終わるものだけです。このように母音で終わる語が優勢な言語のことを、開音節言語(open syllable language)といいます。実はこのような言語は世界の言語の中では少数派で、有名なものにイタリア語やスペイン語があります。*3それ以外では、島国で話される言語に多いと言われています。ハワイ語ニュージーランドマオリ語はそうです。

一方、英語はほとんどの語が子音で終わります。"fish" はその中に母音が一つしかなく、最後にウの音はありません。そのため、この語を発音する時は最後が "sh" なので声帯を震わせずに肺から空気だけ出す無声音で終わります。日本語だったらありえません。このような言語を閉音節言語(closed syllable language)といい、このような言語の方が世界的には多いのです。

日本語は語が母音で終わるだけでなく、語の中で子音が単独で現れることもほぼないので、母音を挟まず子音がいくつも連続することはほぼないですが、英語の場合それが可能になります。といっても、子音が2個並ぶ二重子音が大半で、三重子音は稀です。*4三重子音の代表例は "strong" ですね。これをカタカナ英語で発音すると "su-to-ro-n-gu" のように母音が4つも出てきてしまうのですが、英語は1個しかありません。子音は子音だけで発音する。これを理解しないことには、永遠に日本人らしい英語のままになってしまいます。余談ですが、日系航空会社(ANAJALなど)のCAさんの話す英語はよくよく聞いてみると開音節言語の英語のことが多いです。

まとめ

日本人が苦労する発音として r と l の違いがよく挙げられます*5が、実際は子音よりも母音の方がハードだと思います。母音をしっかり身に付ければ、英語がずっと英語らしくなります。TOEFLもIELTSも採点基準の中に発音が含まれている(比重は少ないと思いますが)ので、発音を鍛えることで少しはスコアアップにつながるかもしれません。

*1:ちなみに東北方言(いわゆるズーズー弁)はイとエが融合して標準語にはない母音になり、合わせて3個になります。

*2:"Japanglish"と揶揄されることも

*3:イタリア語やスペイン語の発音が日本人にとって簡単と言われるのはこれが一つ挙げられます。

*4:ちなみに東欧のスラブ系の言語には子音が5個も6個も連続するものがよくあります。"zmrzlina" みたいな感じで、どうやって発音するのか皆目見当もつきません。

*5:生まれてからずっと日本語の環境で育ってきた赤ちゃんは、生まれた時には r と l の区別ができていても、1歳の誕生日を迎えるころには区別ができなくなっているという研究結果があります。